Jeffrey Cross
Jeffrey Cross

12,000のクリスマスライトがこの竜を照らす

2001年、Sean SobczakはBurning Manを奮い立たせました。彼は物を作ったことが一度もなかった。 「私は数百フィートのワイヤーといくつかの道具を買い、家に帰り、そしてワイヤーを曲げ始めました。何をしているのかわかりませんでしたが、毎日学んでいて、本当にその過程を楽しんでいました。」

彼の最初のプロジェクトは3つの照らされたタツノオトシゴでした。そこから彫刻は、彼が彼の25フィートの長さの竜を造るまで拡大し続けました。そして、それは700の「スケール」を持ち、そして12,000のクリスマスライトで照らされます。

この規模のプロジェクトに着手するとき、Sobczakは最初に基本的なアウトラインをスケッチして、彼が含みたい詳細のリストを書きます。彼は電機子と照明のサポートで内部構造を溶接して、輸送のためにそれを分解する方法があることを確認します。

細部は彼の親指とペンチのペアでワイヤーを操作することによって達成されます。最後の仕上げとして、Sobczakはライトとファブリックを追加しました。 「これは色を追加することですべてを柔らかくします。内部の照明で照らされたワイヤーの作品は、布の表皮を通して暗い線として現れます。」

シェア

コメントを残します