Jeffrey Cross
Jeffrey Cross

巨大ロボットをメイカーフェアにもたらすメガボット

第10回Maker Faire Bay Areaに掲載されました

昨年、Gui CavalcantiとボストンのArtisan’s Asylumのチームは、お互いにボウリングボールサイズのペイントボールを発売する15フィートの長さの操縦ロボットメカスーツを特色とする戦闘リーグのために180万ドルのKickstarterを立ち上げました。確かにオタクの夢は、キャンペーンはまだそのレベルの資金を調達することができませんでした。しかしそれは、少なくとも1つの巨大な戦闘ロボットを作るためにMegaBotsと提携したオートデスクの注目を集めました。 Cavalcantiは、オートデスクのFusion 360を使用してプロジェクトを設計しています。

現在、Cavalcantiと彼の共同創設者Matt Oehrleinは、デザイナー、製作者、その他のチームと共に、Autodesk Pier 9で働いています。オークランドのAmerican Steelという、Makerspaceの最高峰で、10トンのクレーンで実際に移動できます。 12,000ポンドの大物、その他の場所。

現在は、右腕が完成し(ペイントキャノンボールランチャー)、左が完成しています。 2番目の腕は、デザインコンペティションを通じてクラウドソーシングされ、勝者はわずかに小さい11ショットのリボルバー大砲を提出しました。 Cavalcantiはまた、2つの小さな歩行ボットを構築しています。

3人全員がMaker Faire Bay Areaに集まり、最大の6インチ、3ポンドのカスタムメイドのペイントボールを最大120 mphの速度で射撃します。 (心配しないで きみの Cavalcanti氏は、次のように語っています。それは野心的な締め切りでもあります。 「課題は課題の大きさです。私たちは3カ月で12,000ポンドのロボットを製造しています。」

「サンフランシスコに来てオートデスクと協力することで、想像以上に可能になりました」と彼は言います。 "私は15分で1000ポンドの鋼鉄に電話をして拾うことができます。"

[youtube:https://youtu.be/mBj8SSVtyCQ]

シェア

コメントを残します