Jeffrey Cross
Jeffrey Cross

ドルトムント、ドイツのこの週末にMaker Faire Ruhrを見逃すな

この記事はドイツ語から翻訳され、Heise.deから再出版されました。

Maker Faire 2016は、3月12日と13日に、ドルトムントで開催されるDASA - ワーキングワールドエキシビションで開催されます。

10月3日の2014年には、知識夜のルールの一部として、「Dortmunder U」で最初のミニメーカーフェアが開催されました。今年、Maker Faire Ruhrは一桁の成長を遂げました。ドルトムントで開催されるDASA - ワーキングワールド展には、約60社の出展者が同時に開催されます。土曜日と日曜日に講師陣とデモプログラムがMaker Faireに付随しています、そして多くの出展者とインタラクティブなワークショップがあるでしょう。

スタイルでデータを保存する方法:このSteampunkメモリースティックはMaker Faire Ruhrの指導のもとに構築することができます。写真:SvenMöller

スチームパンクフォーカス

たぶんそれはMaker Faire Dortmundでいくつかのスチームパンクが代表され、そこに彼らの愛情を込めて手作りの技術的な宝石があるという感動的な地元の産業ロマン主義のおかげである。この素晴らしい宇宙に少しでも参加したいと思う人は誰でも、SvenMöller、別名Admiral Aaron Ravensdaleの指導の下でMaker Faire Ruhrのワークショップに参加して、適切なスタイルの真鍮製スチームパンクUSBフラッシュドライブを設計できます年)。デザインは組み立て説明書に似ていますワークショップでは事前登録が必要です。その他のもの - 特に子供向けのもの - は一日を通して見つけることができ、登録は不要です。

編集者に会う

Carsten Meyer氏、Philip Steffan氏、編集者Daniel Bach氏が代表する、編集者が個人的に現場にいます。 Energy Hallのブースでは、Joachim Haasの合板で作られた歩行用ロボット「Strandbeest」(1/16版の表紙など)を含め、現在のメイク版および過去の小冊子からの多数のプロジェクトを見ることができます。

Maker Faire Ruhrは、3月12日と13日の10時から18時までオープンしています。チケットは興行室でのみ入手可能です。料金は、主催者DASA - World of Work Exhibitionの通常の入場料に相当します。大人は8ユーロを支払う、とりわけ学生、研修生、17歳までの若者、失業者およびHartz VI受信機は1日当たり5ユーロです。 5歳までのお子様は、入場料は無料です。大人2名と子供3名までの家族チケットは16ユーロです。 DASA - ワーキングワールドエキシビションの年間パスをお持ちの場合は、Maker Faire Ruhrに無料で入場できます。

さらに多くのメーカーフェア

次のドイツ語圏のMaker Faireは4月16日と17日にウィーンで開催されます。それから5月27日から29日まで、ハノーバーで今は4番目のメーカーフェア。カレンダーを念頭に置いておく必要があります。ハノーバーコングレスセントラムでの素晴らしい技術的で創造的なフェスティバルのメーカーズコールは3月20日まで開催されます。

シェア

コメントを残します