Jeffrey Cross
Jeffrey Cross

より多くのコンピュータ科学は答えではない

シェイクスピアは「ペン科学」または「製紙工学」を勉強した方がよいでしょうか。おそらくそうではありません。同様に、私たちは最初に言語学を勉強するためにエッセイを書きたい人に依頼しません。しかし、多くの場合、芸術や人文科学の学生が自分の考えをコンピュータで表現しようとするとき、彼らはコンピュータサイエンスに向けられています。

コンピュータサイエンスでは、学生はコンピューティングの理論を研究し、コンピューティング自体の形で実験しています。これは素晴らしい仕事かもしれませんし、いくつかの場合それは完璧な方向ですが、ほとんどの場合それは答えではありません。 CSでは、焦点はコンピュータ自体にあります - コンピュータを見ています。 CSでは、社会に対するアルゴリズムの影響やそれを表現的に使用する方法を研究するよりも、アルゴリズムの効率を研究するほうがはるかに可能性があります。

コンピューターを通して世界を見る方が生産的だと思います。コンピューター自体を完成させるのではなく、計算の力をレンズとして世界に適用すること。私たちは、このアプローチを説明するために「計算メディア」という用語を作りました。それは、コンピューターを適用し、コンピューターが私たちの情熱に何をするかということです。

シェイクスピアを「ペン科学」プログラムに送ることはなかったでしょうが、彼は自分の演劇を書くためにペンの使い方を習得する必要がありました。おそらくよりよい例はJackson Pollockでしょう。ポロック氏は、おそらくペンキを作る科学を勉強していなかったのですが、彼は彼自身の独特のスタイルで自分自身を表現するためにペンキの混合と薄化を習得しました。彼の絵の具は、彼の滴り落ちるテクニックが機能するためにちょうど正しい厚さでなければなりませんでした。同様に、自分の考えを表現するためにコンピュータを使う人は、プログラムを学ぶ必要があります。

これを習得するためには、それについて考えるだけでなく、コンピュータを使って、またコンピュータを通して考える方法を学ぶ必要があります。私たちは他の何か、おそらく芸術、市民、文学、あるいは科学をするのを助けるためにコンピュータを使う能力のためのコーディングのためではなくコーディングの仕方を学ぶ必要があります。これの中心は人間を抱きしめることと人間を最優先することです。個人、グループ、そして彼らの情熱から始めましょう。それが技術の応用を駆り立てるのです。

この新しい方法を情熱に適用する方法は、38年以上にわたり、NYUで私たちが教えている大学院プログラムであるITPの焦点でした。 ITPは1979年にNYUのTisch School of the Artsの一環としてInteractive Telecommunication Programとして始まりました。 1979年に、ITPの創設者であるRed Burnsは、意識を高め、変化に影響を与えるために新しい技術を使用する力を認識しました。早い段階で、彼女は最近リリースされたSony Portapakの初のポータブルビデオカメラショーの力を活かし、日常のニューヨーカーが経験した問題を解決しました。何十年にもわたって技術は携帯用ビデオから電話インターフェースを備えたビデオレーザーディスク、CDROM、そして今や機械学習とバーチャルリアリティを伴って変化してきましたが、使命は変わっていません。世界はより良い場所です。

私たちの生活の中で新しい技術を受け入れることが標準となっています。私たちがインターネットとスマートフォンによってもたらされた変化を受け入れるにつれて、私たちは現在、人工知能や機械学習、バーチャルリアリティ、そして自動運転の車に、私たちの総体的な注意を向けています。新しい技術によってもたらされたこの急速な変化のために、私たちは今、私たちの考えをより幅広い聴衆に持ち込み、理解のための思考や表現のためのツールとしての計算の力をもたらす時であると判断しました。そして大学生によって新たに発見された。私たちは、インタラクティブメディアアート(IMA)と呼ばれる学部課程のプログラムを開始し、学生が学部課程として成長しているときに、学生の情熱を高めます。

さらに、IMAでは、計算メディアが唯一のものであるべきであり、おそらく研究の主な焦点でさえあるべきではないと考えています。私たちは、メディアとエンターテインメント、フィジカルコンピューティングと新しいインタフェース、計算とデータ、そして芸術とデザインのコースと共に、リベラルアーツ教育を重視し、軽視し、強調しています。

結局のところ、私たちが最先端技術を進歩させ続けるためにはコンピュータサイエンスが必要ですが、計算の真の力はそれがどのように使われるかにあります。私たちがエキサイティングな新技術に出会ったときはいつでも、私たちが最初に疑問に思うのは、どうやってこれを使って世界をより良い場所にするかということです。

シェア

コメントを残します