Jeffrey Cross
Jeffrey Cross

SPARKプロジェクト#2、投稿#3

前回の記事では、iRobot CreateをWindows Embedded CE R2.0を実行しているiCop SPARKコンピュータに接続する計画の始まりを説明しました。それでは、iCopマシンにコードをロードしてロードしてみましょう。次に、Create Open Interfaceにリストされているコマンドを使用してCreateと対話できるかどうかを確認します。

Windows Embeddedを使い始める前に、既知の優れた情報源であるデスクトップコンピュータを使用してCreateと対話できることを確認したいと思います。これは重要なデバッグ手順だと思います。私のソフトウェアを最初に正しく動かしたいのですが、実際には、正しく機能するためにはデバッグが必要になるかもしれません。私はこのデバッグ作業を単純化し、それを私の開発用PCに接続しそしてパワーオンの後にブートメッセージを読むことによってCreateシリアルインターフェースが働いていることを確かめることができます:

これが完了したら、CreateとPC、またはiCopボックスとWindows Embeddedプログラムとの間の接続を確立できると確信しています。また、通信の問題はプログラムの不備が原因であると確信できます。

開発用コンピュータには既にVisual Studio 2005とWindows Embedded CE6.0 R2がインストールされているので、iCopコンピュータに接続する準備はほぼ整いました。 Windows Embedded開発を開始できるように、開発用コンピューターを完全に構成するには、もう1つ手順が必要です。異なるSPARKボードにはさまざまなプロセッサとペリフェラルがあるため、Visual Studio 2005で特定の低レベルハードウェアに適したコンパイル済みコードを生成できるようにするには、固有のソフトウェアライブラリと構成セットが必要です。この独自のライブラリと構成セットは、明白な理由から「ボードサポートパッケージ」と呼ばれています。各SPARKボードベンダーは、特定のボード用にダウンロードしてインストールできるボードサポートパッケージを提供しています。

これで、オペレーティングシステムとアプリケーションを作成してiCopボードにインストールする準備が整いました。これについては、こちらの記事全体で説明します。

シェア

コメントを残します