Jeffrey Cross
Jeffrey Cross

DNS上のウィキペディア

David Leadbeaterは、TXTレコードを使ってDNSでWikipediaのエントリを配布するサービスを作成しました。単に彼のサービスのサブドメインのTXTレコードを検索するだけで、同じ名前のタイトルのウィキペディアのエントリの概要が表示されます。

私はウィキペディアの記事を取り、それらを要約するためのコードをいくつか書きました。私はこれをさまざまな場所で使用するために提供したいと考えていましたが、今ではそれを提供する明らかな方法は(REST、SOAPなどを介した)単なるWebサービスですが、それは退屈なので慎重な計画を立てました。なぜDNS経由で提供しないのか - それは基本的に巨大な連想配列であり、DNSはこの目的のために設計されています。

だから私はTXTレコードとして結果を返す小さなネームサーバーを書いた。例えば、レスポンスは約430バイトに制限されている(UDPのみを行う)など、いくつかの明白な制限があります。それはまた利点を持っています、それはあなたのネームサーバにキャッシュされます、そしてそれはまたHTTPより速いです(TCPセッションを設定する必要はありません)。

これは、WikipediaからMakezineの記事の要約を取得するコマンドラインエントリの例です。

host -t txt makezine.wp.dg.cx

makezine.wp.dg.cx説明文 "Make(またはMAKE)は、O'Reilly Mediaによって発行された季刊誌で、コンピュータ、電子機器、ロボット工学、金属加工、木工、その他の分野を含むプロジェクトを自分で行うことに焦点を当てています。雑誌は "MA" "キング"のものを楽しむ人々に販売されており、家庭用品を含む安価な素材で完成できる複雑なプロジェクトを特徴としています... http://a.vu/w:Make_(magazine) "

これは基本的にはSQLLiteに格納されたウィキペディアの大きなハッシュテーブルであり、カスタムDNSサーバーによって提供され、情報をTXTレコードに返します。サーバーコードはまだリリースされていませんが、Perlで書かれているようです。これは、Parse :: MediaWikiDumpとText :: Summary :: MediaWikiの作者によって作成されたもので、Wikipediaのダンプ全体を解析して430バイトの制限内に収まるように要約のぼかしを生成するように書いています。

それについて考えてください。地球上のネームサーバーに配布されキャッシュされている世界で最も優れた百科事典については、根本的にクールなことがあります。もちろん、このハックがそれを実行するのに十分に使用されるわけではありませんが、だれも何もインストールしなくても既存のインフラストラクチャ上で可能であることは興味深いことです。インターネットの最も古いプロトコルに乗って、ユニバーサルクラウドストレージの未来を少し垣間見ること。

ロンドンPerlワークショップ2008でのDavidのプレゼンテーションからのDNS上のWikipediaスライドショー

シェア

コメントを残します